脱毛サロンの通い時はいつ

ロゴ
トップページ
<少しでも早く脱毛を開始する>
脱毛サロンやクリニックには、処理しようと決心が付いたらすぐに行動を起こすのもいいと思います。脱毛しない限りこの先ずっと続くムダ毛の処理から、少しで早く開放されるには少しでも早く脱毛を開始するに越した事はありません。それでもムダ毛の処理を始める事に適した時期や、季節がある事を私は知りませんでしたが皆さんは知っていましたか。多くの女性たちの中には、肌の露出が多くなる夏までには脱毛したいと思う人が多いと思います。脱毛と言うのは始めてからすぐに効果が出るわけではないので、夏になってか始めたのでは遅いのです。毛周期と言われるものを逆算して、通い始める時期を決める事になります。こればかりは個人差も出てきてしまうのですが、ワキ脱毛の場合ですとしっかり効果が出始めるのに半年〜8ヶ月、完全に完了するまでには1〜2年を要すると言われております。と言う事は単純に考えても、秋頃から翌年の夏に備えてのムダ毛の処理を開始した方が良いです。また、秋や冬になると洋服を着込むので肌の露出が少なくなります。その為に処理した後の肌を直射日光に晒す事もないですし、施術途中の気になる毛を隠して乗り切る事も難しくないと思うので、ムダ毛処理に適した時期ではないかと言えます。また、女性に限ってなのですが施術をしてはいけなかったり、出来なかったりする時期と言うのもあります。それは妊娠中や生理中のとき、それ以外で体調が優れない時は見合わせます。生理中のときは肌が敏感になっていたり、体の抵抗力も落ちているために、普段より痛みを感じたり被れてしまうトラブルを起こしやすくなっているからです。妊娠中のときは、生理中と同じように肌のトラブルや、体調の変化が心配なだけではなくて、ホルモンバランスが通常の時と違っているために、ムダ毛の処理の効果が思うように得られない事があるのです。産後にホルモンバランスが変化すれば、元通りに毛が生えてくる場合もありえます。自分の体調など考えて最適な時期を決める事を勧めます。

<脱毛の選択肢>
脱毛をするにあたっては脱毛をしてくれるエステサロンへ通うか、家庭用脱毛器を購入して、自分で脱毛をする方法があります。どちらを選ぶかで迷う人もいますが、コスト面を考えると、自分で家庭用脱毛器を購入するほうが、何度でも脱毛できるので、得をしたような気になります。しかし家庭用脱毛器には、照射面カートリッジや、充電用バッテリーなど、それぞれ消耗品があるので、脱毛器本体の価格と比べて、消耗品の価格が高く感じることもあります。そういうことも含めて、消耗品の価格もしっかりと調べておく必要があるでしょう。家庭用脱毛器には、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる方式のものがあり、これは脱毛のエステサロンと同じ仕組みなので、うまく使えばエステサロン並に効果があるかと思います。しかし自分で脱毛をすると、脱毛処理後の肌を冷やすことや、保湿するなどのケアを自分でしなければならないため、注意が必要になります。家庭用脱毛器を使用するポイントとしては、続けられるかどうかがポイントになります。家庭用脱毛器を購入して失敗する人の特徴は、たとえば仕事が忙しい人や飽きっぽい人、プライベートの時間がなかなか取れない人などが挙げられます。この中で特に飽きっぽい人は、自分で処理をするのが面倒になってきてしまい、途中で脱毛をしなくなってしまう場合があります。こういう例もあるので、家庭用脱毛器は使い続けられるかどうかが一番のポイントとなります。飽きっぽい人はやはりエステサロンへ通うのが一番でしょう。エステサロンに通うと、エステシャンが全て行ってくれるので、面倒なこともなく脱毛が出来ます。そのため飽きっぽい人はもちろんのこと、自分でケアをする時間のない人や、家庭用脱毛器では絶対に途中でやらなくなる人に向いているかと思います。それに自分で保湿といったケアもしなければいけないため、結局はエステサロンに任せてしまった方がきれいに脱毛が出来るのです。



Copyright(c) 脱毛サロンの通い時はいつ. All right reserved.